トップ / 基礎的な情報はパンフレットで

観光客向けパンフとは

基礎的な情報はパンフレットで

基本的情報をパンフレットに記載

外国人観光客が、日本を訪れる際にスマホやタブレットでその観光地や施設の情報を入手することができますが、検索する手間が省けるということで、やはり地図や写真、イラストの入った紙ベースの情報も人気があります。

現地でパンフレットを入手できる、あるいは事前にインターネットでダウンロードできるなら、目的地の下調べ、旅行プランの計画、お土産の選択など旅行前から楽しむこともできますし、旅行中もそれを使えます。旅行後も旅の思い出を話したり、他の人にお勧めしたりするアイテムといてパンフレットは有効的です。

では外国人観光客が喜ぶようなどんな情報をパンフレットに記載できるのでしょうか?

国際空港や、主要駅からのルート、アクセス方法、所要時間などの基本情報は必須です。
簡単な観光ルートのプレゼンや、その道中に味わえる地元の料理、訪れることができる観光名所や観光施設、宿泊施設の紹介も大切です。施設はその建物の外観だけでなく、そこの展示物やどのような体験ができるか、おいしい料理や和菓子などの写真も同時に掲載するならさらに興味を引くでしょう。

最近は日本の行事やイベントを調べて、それを見に来る外国人観光客も増えています。花見や地元のお祭り、行事などのイベントはその開催時期や時間をきっちり記載しておくことも大切です。
同じように、美術館、博物館、水族館、城などの施設に関しても営業時間、料金、休館日を記載しておきます。

魅力的なパンフレットは外国人観光客を呼び込む優れたアイテムです。日本人が便利と思う観光案内パンフレットではなく、外国から来る人の目線で物事を見て、外国から来る人が便利と思うようなパンフレットを作成することを意識するなら、きっと魅力的なパンフレットができあがるでしょう。

Copyright © 外国人観光客に必要なもの. All rights reserved.