トップ

観光客向けパンフとは

外国人観光客に必要なもの

おもてなしするために必要なもの

最近の「爆買い」や「インバウンド」(訪日外国人旅行、訪日旅行の意味)に代表されるように、欧米だけでなく、様々な国から大勢の外国人観光客が日本を訪れるようになりました。

そうした動きに伴い、多くの観光施設、ホテル、飲食店等が外国人観光客の対応に困っています。彼らをおもてなししたいという気落ちはあるものの、良い方法がなかなか見つからないという現状があります。

すぐ簡単に、そして彼らの言語を話せなくても、その観光施設や、ホテル、飲食店等の情報を伝えることができる便利なツールがパンフレットです。

パンフレット印刷、作成するならこちら。

日本を訪れた外国人観光客への日本で不満を感じた点に関するアンケート調査では、日本には案内板、地図の不足を挙げる人が上位を占めています。観光案内所への案内板の不足、駅構内、観光地内での案内板や地図の不足が不満の理由になっています。仮に日本語の案内板や地図があってもそれは彼らにとっては意味のないものです。

そんな時、多言語のパンフレットや地図入りのパンフレットがあれば、彼らも簡単に目的地までのルートや注意事項を理解することができます。観光客でもグーグルマップの様な道が一本一本きっちり記されていて、目印となる建物が記入されているストリートマップがあれば自分たちで目的地にたどり着くことも可能です。

さらに自分の言語と同じ意味の日本語がセットになった指さしシートの様なものがあれば、注文、支払い、喫煙可能かどうかを尋ねるなどのコミュニケーションも行うことができます。外国人観光客の国籍も多様化してくる中で、英語以外の彼らの言語をすべて覚えることは難しいとしても、彼らをもてなすために、多言語対応のパンフレットや指さしなどを用意することはとても効果的な方法です。
この機会にぜひこうした方法を検討してみるのはいかがでしょうか。

Copyright © 外国人観光客に必要なもの. All rights reserved.